CBTによって試験のあり方が変わります

CBTによって試験のあり方が変わります

CBTとはComputer Based Testingの略称であり、試験に関するすべての事柄をパソコン上で行うシステムです。 従来の紙と鉛筆を使う試験は、受験者、試験運営者双方に大きな負担があります。試験がコンピューター上で行われるため、 受験者は自身の都合に合わせて試験を受けることができます。また、試験の結果がすぐにわかるので、試験結果に対する不安や心配が無くなります。 運営者側のメリットとは、運営の負担を軽減できることです。紙を扱うことの負担や、 試験問題の紛失や破損などのリスクを軽減することができます。 また、問題作成から解答用紙の回収および結果が明らかになるまでの時間を大幅に短縮することができます。

試験がすべてコンピューター上で行われるため、インターネット配信による試験を行うことができ、 その場合、試験会場の手配が不要になるため運営コストを大幅に削減することができます。 このように、CBTは受験者および試験運営者双方にとって便利でメリットのある試験運営方式です。 また、試験自体の質も向上します。従来の、紙形式で行う試験の場合、動画や音声を用いた試験を行うことは困難でしたが、 コンピューターを用いた試験ではこれらを用いた問題も出題することができ、試験の質が向上します。CBTは次世代のハイクオリティーな試験です。

▽注目サイト
CBTの試験運営サービスを行っている会社をご紹介します >>> CBT